brilliance+口コミ

実際にbrilliance+の婚約指輪を買ってみた評判や口コミなどクーポンについても。

ブリリアンス+で買ってみた

≪brilliance+≫

ご訪問いただありがとうございます。
brilliance+で婚約指輪を買いましたので、皆様のご参考にしていただければ幸いです。
まず納期ですが、私の場合は注文してから二週間後に届きました。


配送はヤマト運輸で左画像@にあるように中で箱が動いて潰れないように
ビニールで固定されており、こういった点にも配慮されている感じです。


そして画像Aですが、グレーティングレポート(鑑定書)の基本ガイドが同梱されています。
画像Bがグレーティングレポート(鑑定書)になるわけですが
その鑑定書の見方、例えばカラット重量やカラーの等級、クラリティの等級などの解説が
画像Aのグレーティングレポート(鑑定書)の基本ガイドです。
こういった点についても、しっかり抜かりなく提供されているなという印象です。


そしてBの鑑定書とは別に画像Cの品質保証書も同梱されていました。
ちなみにサイズ直しですが、購入日より一年以内は無料です。
但し初回のみ無料で二回目以降は有料のようです。


画像Dは実際に私が買った婚約指輪ですが
何度も撮り直しをしたのですが、なかなか光の加減でキレイに指輪を撮影できませんでしたが
本当に良い輝きを放っています。
自分としては満足で、恋人に渡してた際も、とても喜んでくれてbrilliance+で買ってよかったと思いました。
色々粗悪な店舗もあるみたいですから、くれぐれもご注意下さい。


また指輪が届いた際の案内にレビューを書けば
brilliance+のクーポン3000円分+アマゾンギフト券プレゼントの案内が入っていました。
もちろんこれは強制ではありませんが、レビューを書けばクーポン等がもらえるので
私も投稿し、後日クーポンをいただきました。
実際の購入者からレビューを募集しているようなので、公式サイトにあるレビューは本当に購入された方の口コミだと思います。
ちなみにレビューの掲載数はかなり多いので人気が高いのでしょうね。※私の口コミも掲載されておりました。

その他の口コミをご覧になる方はこちらからご覧下さい。


このbrilliance+ですが店舗は東京の銀座のみのようです。
また楽天やAmazonにもbrilliance+の公式サイトはありませんので。

婚約指輪の安い口コミ

女性が男性からのプレゼントで貰ったら嬉しいジュエリーブランドとして
必ず名前を挙げるのが「Tiffany」です。芸能人の愛用者も多いことから幅広い層に人気となっていますが

その中でも多くの女性を魅了しているのがリング。
やはりデザインが抜群です。どれも細かな装飾が施されており
しかしゴチャゴチャとせずにまとまっているのはさすがです。
他のブランドではなかなか見られないデザインも多いので
身に付けていればすぐにTiffanyだと気が付く主張も素晴らしいですね。


若い女性に人気になっている理由にはその価格にもあります。
もちろん一流ブランドですからプラチナやゴールドのリングなどは20万や40万円を超えてきますが
シルバーであれば数万円程度から用意されているので、男性が女性にプレゼントするにも最適なのではないでしょうか。
ネックレスやブレスレット、腕時計もとても高い評価を得ていますが

実は他にもバッグやカードケース、ボールペンやブックマークなどの文房具も取り揃えています。


ジュエリーに目が行きがちなTiffanyブランドですが、こういった小物も揃えるとさらにセンスを磨けるかもしれません。
少なくとも周りの人には大きなアピールができると思います。

男性であればネクタイやカフリンクスがおすすめ。

リングなどのジュエリーとは異なり一見どこのブランドかわからないからこそ隠れたオシャレができ
そして優越感に浸ることもできるでしょう。女性から男性にプレゼントするのも良いかもしれませんね。
またbrilliance+は私も愛用させていただいているもので、本当に安心して買えました。

指輪を買うタイミング

もし結婚式や披露宴を行うのであれば、結婚指輪を買うタイミングは
その3ヶ月ほど前あたりがいいでしょう。もちろんそれよりも前に
購入しておいても構いません。結納の時に指輪を披露する機会を
設けるのであれば、やはりその数ヶ月前に購入しておくようにしてください。


結納のお披露目があると考えれば、結婚披露宴の半年前くらいには
用意できる状態にしておく必要が出てきます。そうなると実際に購入するのはそれよりも1ヶ月ほど前がいいでしょうか。
どんなお店でどのような結婚指輪を購入するかによっても買うタイミングは変わってくるでしょう。
購入後すぐに渡してもらえるのか、それとも注文をしてから数ヶ月しないと
手元に届かないのかなどはしっかりと把握しておくべき。


そうした検討も考えるとなると、結婚披露宴の1年から10ヶ月前までには大体目星をつけておきたいですね。
買うのが早くて困ることはほとんどありません。
あるとすれば、結婚披露宴までの間に別のお気に入りが見つかったり
新作が出てきてしまうこと。でもこれを言っていてはキリがないので、あまり深く考えないようにしましょう。


このタイミングはあくまでも一般的なものであり、結婚披露宴などを行わないのであれば
籍を入れてからゆっくりとふたりで探しても問題はありません。
あまり焦ると良いリングを逃してしまうかもしれないので、いずれにせよ余裕を持った状態で探し、購入できるよう心がけましょう。

評判の良い個性的な指輪

右に倣えの精神が根強く残る日本ですが、それも時代とともに少しずつ変化が見られるようになってきました。
個性を大事にする時代に変革しようとしているのかもしれません。
そうした人たちがカップルとなり結婚すると、結婚指輪もとても個性的なものをセレクトします。


そんな夫婦が増えれば需要も高まるため
各ブランドやお店ももそうしたオリジナリティ溢れるリングを展開してくる流れとなるのは当然のことなのかもしれません。
個性的な結婚指輪は、「自分たちだけ」という気持ちをより一層強くしてくれるでしょう。
特別感を抱えていられるのが醍醐味。


周りの人からの注目を浴び易いというメリットもあるかもしれません。
目立ちたがり屋にはピッタリの魅力です。
しかし一方でデメリットも考えておきましょう。
個性的であればあるほど、価格が高くなる傾向もあるようです。
高級ブランドほどではないかもしれませんが
素材の割にとか、あまり有名なブランドではないのに高い、といった感覚になることがあるでしょう。


また、デザインが凝り過ぎると付け心地がよくなかったり
傷がつき易かったり、壊れ易かったりなどの懸念も生まれます。
「個性的」という言葉だけに引っ張られるとどうしてもデザインのみに目がいきがちですが
そうしたことにも気を配って選んでみてください。それでこそ結婚指輪としての価値が高まるはずです。

結婚指輪ならブリリアンス+

恋人同士の二人をつなぐ役目をしてくれるペアリングですが、選び方に困ったら1つ1つ段階を踏んで解決していきましょう。 まずは素材です。年齢にもよるかもしれませんがシルバーのペアリングを選ぶカップルが多いでしょうか。他にもゴールドやプラチナもよく見かけますよね。素材によって価格もデザインも変わってきますし、アレルギー体質の方は肌に合う合わないも出てきますから慎重に選びましょう。 少し触れましたが価格もとても大事です。予算に見合ったリングを購入するようにしてください。多少無理をしてでも買う価値があるかもしれませんが、サプライズでプレゼントする場合はあまり高いと相手にプレッシャーとなることもしばしばあるようなので、こちらも慎重さを忘れてはいけません。 そしてデザイン。できれば二人でショップを回って、二人の気に入ったものを選ぶのがベストだと思います。サプライズの場合はこれまた注意が必要。相手の趣味や嗜好を普段からこまめにチェックしておきましょう。身につけているアクセサリーなどに特徴があるのであれば、それに近いものをプレゼントするとハズレが少なくて済むはずです。 最近ではネットで各ブランドのサイトを簡単にチェックできますから、普段から二人で閲覧しておくと好みの共有ができ、選びやすくなるかもしれません。

ジュエリー用語集

鑑定書…鑑定書とは、ダイアモンドの評価基準4Cに基づいて、宝石鑑定士が等級づけした証明書です。
カラット…カラットは、ダイアモンドの評価基準である4Cのひとつで、ダイアモンドの重さの単位です。
インクルージョン…ダイアモンドなどの結晶の中に取り込まれた別の鉱物や液体、気体など様々な特徴を指します。
ブリリアンス…ブリリアンスとはダイアモンドの光学特性を言います。
ウエディングリング…1本でエンゲージとマリッジを兼ねる、ブライダルリングとも呼ばれるリング。石が埋め込まれたデザインが人気。
マリッジリング…結婚式で新郎と新婦が交換する指輪のこと。本来はキリスト教徒の習慣で、結婚の誓いを意味します。
結婚指輪…結婚指輪を初めて結婚の証拠としたのは、9世紀のローマ教皇ニコラウス1世といわれている。

ジュエリーの傷

結婚指輪は婚約指輪と違い、毎日身につけるものです。
職業柄毎日はつけられない人もいると思いますが、特に支障がない限りはつけているのが一般的。そうなると気になるのが傷ですよね。
誰だって大切な指輪に傷なんてつけたくありません。


でも、使えば使うほどそれからは避けられず、かと言って
やっぱりずっと大切にしまっておくのは勿体ない、そういった葛藤を抱えることもあるでしょう。
傷を極端に嫌うのであれば、まずは素材に気を遣うことです。ゴールドや
プラチナが結婚指輪の素材としてはよく使われますが
純度100%ではどちらの素材も柔らかく、傷つき易い性質を持っているため
他の金属と混ぜて固さを持たせる工夫をしなければなりません。


別の対策としては、手や指を使う時にはこまめに外す、これを徹底してみましょう。
運動をする時や料理をする時、お風呂に入る時や掃除をする時などは
特に傷つき易いので、こうした場面では外しておく。
面倒かもしれませんが、こうした手間が指輪を長持ちさせてくれます。
もし傷がついてしまったら修理に出してみましょう。
日常生活でついてしまう細かな傷程度であれば、専門家に依頼すれば大抵はキレイにしてくれます。
結婚指輪だからこそ料金は気にせず、信頼できる専門家にお願いしたいものです。

ジュエリーの傷

指輪に使われる材質にはいろいろなものがありますが
結婚指輪に使われるもので丈夫なものと言えば、やはりプラチナや
ゴールドに他の金属を混ぜて作ったものではないでしょうか。


純度100%かそれに近いものだと傷つき易く壊れ易いものの それに銅やパラジウムなどを混ぜることでかなり丈夫になり、毎日の使用にも耐えられる指輪となります。 プラチナやゴールドの希少性と美しさはもはやご存知の通り。 結婚指輪としても決して珍しい材質なわけではありませんから 多くのジュエリーショップやブランドで取り扱っており、予算さえ合えば手に入れにくいことはありません。


レアメタルと呼ばれる希少性の高い金属の中にも丈夫なものが多々あります。
例えばチタン。
これも指輪をはじめとしたジュエリーの材質として浸透してきました。
色をつけることもできますし宝石も埋め込めるので、個性的なデザインを好む人にピッタリです。
色と言えばジルコニウムも忘れてはなりません。


さらに面白いカラーリングが特徴のこのレアメタルは工業用として使われている金属ということもあり
丈夫さは折り紙付き。変形を極度に気にする人は選んでおきたい材質となるでしょう。 タンタルという材質も結婚指輪として徐々に認識され始めてきています。
丈夫さを求め、且つ珍しい金属が好きな人はいち早く手に入れておきたいですね。